顔の脱毛をすると化粧のノリがよくなる

顔の産毛にはホコリなどから守る働きがあるので、ムダ毛処理をしてはいけないといわれていましたが、優れたスキンケア方法の登場により顔の産毛を処理しても問題ないといわれています。顔の産毛を処理すると肌が明るくなる、化粧のノリがよくなるなどのメリットがあります。

 

顔は非常にデリケートなので脱毛には注意が必要です。どのように脱毛をしたらいいのでしょうか。

 

カミソリで処理

 

もっとも手軽な方法がカミソリです。カミソリの刃で角質をはがしてしまい傷つけることがあるので、脱毛には注意が必要です。

 

まず顔にクリームを塗って肌を保護します。保護せずに脱毛すると角質がはがれてバリア機能が落ち、乾燥やシミなどの原因になります。

 

皮膚を毛の流れとは逆に引っ張り、毛の流れに沿って剃ります。同じところを何度も往復すると肌の負担が増えるので、一度で剃るようにしましょう。切れが悪いと同じところを往復してしまうので、切れがよい新しく清潔なカミソリを使用します。
剃り終わったら必ずクリームで保護をしましょう。

 

カミソリにはL型とT字型がありますが、安全なのはT字型です。L字型は細かい部分を剃るのに適しています。

 

ワックス脱毛

 

肌が強い人ならワックス脱毛ができます。シート状になったワックスで自分で脱毛したり、ワックス脱毛をしてるサロンで受けることもできます。

 

オーガニック成分や保湿成分を配合した肌への刺激が比較的低いワックス脱毛もあります。顔の肌はデリケートなので、刺激が少ないものを選びましょう。

 

ワックス成分でかぶれなどを起こすことがあるので、使用前には必ずパッチテストをしてください。

 

プロの任せる

 

カミソリやワックス脱毛などは肌への負担が大きく、繰り返し脱毛していると肌荒れの原因になります。肌への負担が少ない脱毛方法が、サロンやクリニックでの脱毛です。

 

黒い色素に反応する光でムダ毛を処理します。光は毛にだけ作用するので肌の負担が少ないです。光脱毛には美容効果もあります。